信州蕎麦

台風あとの日曜日、蕎麦を刈ったのです。



実家から両親のお手伝い付き。

とは言え、3分の1程度は鹿に食べられ、倒れて生き延びた蕎麦は2時間ほどで刈り取れた。
その刈り取りは主に雑草と共に刈ったせいで、そのあとの選別に3時間ほどかかった。

コチラは台風前に営農組合に刈り取ってもらった蕎麦。


粉になるまでの作業は次の6工程。
乾燥→風選→石抜き→磨き→脱皮→製粉

今回、そば粉の単価が高い理由がよーく分かった。
来年はやらないかもなぁ。


さて、駒ヶ根は紅葉が始まっています。


見ごろのドウダンツツジ。
今年は猛暑から一転、山が綺麗に色づきそうで楽しみです。

Y.


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ホームページ

最近の記事

リンク

カテゴリー

月刊記事

コメント

プロフィール

others