焚きつけ

今年も大活躍の薪ストーブ。
火+木。
昔ながらのシンプルな組み合わせながら、このタッグの威力は本当にすごいです。
薪ストーブなしではもはや信州の冬はやってゆけない・・・。

さて、世の中には着火剤なるものが市販されているようですが
(一体何でできているんでしょうか?)、
モヒョ家ではもっぱら杉の葉を焚きつけにしています。

何しろ杉の葉なんて、そこらの山にいくらでも落ちている。
クリのイガや松の葉なども使ったりしますが(これらもその辺にいくらでも落ちている)、
持ち運びが手軽で、着火も速いので、杉の葉が1番好みです。
燃やした時にたちのぼる香りもよいので、アウトドアで焚火するときの焚きつけにも◎です。

拾ってきた杉の葉は、雪で濡れているところもあるので、まとめて乾かしておきます。

↑このように(手前)葉っぱがボサッとかたまってついているのが使いやすいです。
枝によってはまばらにしかついていないので。

薪については、基本的にモヒョ畑のクリがメインですが、
今年シラカバも使ってみたところ、
皮が油を含むため火がつきやすいのに、木自体の火持ちはよい、というなかなかの使い心地です。
少しだけあったカキも、パワーがあってまあまあ良かったですが、庭木なのでそうたくさん手に入るものでもなく・・・。
去年から併用しているカラマツは、やはり針葉樹なので、火はつきやすく馬力もあるけれど、すぐ燃え尽きて灰があまり残らないので、メインにはしづらいようです。
クリは、火持ちはいいものの、火がつきにくく(時々途中で消えてたり)、はぜやすいので、
通好み(?)といいますか、なかなか扱いにくいのは事実です
(でもとにかくクリはたくさん生えているので否応なくクリは使う)。

一般的にはブナやナラが一級とされているようですが、
周囲で手に入らないので使ったことがありません。。
せっかくなので、いろいろ試して違いを楽しむのもオツですね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ホームページ

最近の記事

リンク

カテゴリー

月刊記事

コメント

プロフィール

others