床板の変遷

脱衣所の棚です。

黒光りしているこの板は、かつて分校の床だったそうで、
分校が閉鎖したとき(ウン十年前)にここの家の人がもらってきて
囲炉裏をふさいだ箇所の床板にしていたものです。
もと囲炉裏だったところは薪ストーブを置くのにちょうどよかったので
去年この板をはがしてレンガをはりました。

変遷に変遷を重ねて、今度は脱衣所の棚に。
この上を昔子供たちが走り回ってたかと思うとなんだか感慨深いです。
(いわゆる”限界集落”のこの部落もその頃は子供がいっぱいいたんだなーと思うとさらに感慨深い)


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ホームページ

最近の記事

リンク

カテゴリー

月刊記事

コメント

プロフィール

others