しまうり

この時期、産直に行くとしましまの瓜がたくさん売っています。
他であまり見ない瓜なので、この辺の特産なのかなーと思っていたら、
ご近所さんにどっさりいただきましたー!!
その名も「しまうり」。
・・・そのままじゃん。

どうやら粕漬けが主流らしいのでやってみることに。
まず半分に切ってタネを出し、2日ほど塩漬けしてから粕漬けにします。


粕漬けといえば、駒ヶ根の最初の年にこれも大量にいただいた大根で
守口大根風(?)粕漬けを作ろうとしたのですが・・・
倉庫に入れておいたらハクビシンにぺろりと完食されてしまいました・・・。
粕は砂糖が入っていて甘いので、甘いもの好きのハクビシンにはたまらんかったのだろう。
(バケツ1杯も酒粕食べたら気持ち悪くなりそうだけど)
そんなこともあるので今回はちゃんと蔵に鍵をかけて収容しました。

さて、しまうりも漬け終わって一息ついていたら、
今度は「くろうり」とやらをこれまたたっぷりいただいてしまいましたー!!
名前のとおり、黒っぽい深緑色の瓜。
愛知の「かりもり」に似てるけど一応違うらしい。
また粕漬けというのも芸がないので、利用法を思案中。

これも瓜の仲間。

でも食べられません。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

ホームページ

最近の記事

リンク

カテゴリー

月刊記事

コメント

プロフィール

others