電気とチーズ

 モヒョ家が今後、自給したいモノの中に電気とチーズがある。


電気を作り出す構想は震災以前はただぼんやりと考えていただけで
具現化ができずにいたのですが、ちょっとした切っ掛けで少し前進しました。

まずはバッテリーから100V電源を取り出す方法を小規模で具現化。



丁度、軽トラックのバッテリーが限界だったので交換したついでに、古いバッテリーの再利用。

バッテリーの他に準備したのは、
・車載用増設シガーソケット
・ブースターケーブルのクリップ
・スイッチ
・DC-ACインバーター
合計で多分3000円くらい。

まず「車載用増設シガーソケット」のプラグ部分を切り落とし、
「ブースターケーブルのクリップ」をプラスマイナスを決めてハンダ付けし、
プラス側の適当なところに「スイッチ」をハンダ付け。
そして増設したシガーソケットに「DC-ACインバーター」のプラグを差し込む。
終わり。

それに合わせた箱とスイッチ取り付けを作ってセッティング。




DC-ACインバーターのプラグ部分にヒューズが入ってるので過電流が流れることはまず無いです。
あとはインバーターのソケットにコンセントを挿し込むだけ。

ちゃんとひょうたんランプが点灯しました。



出力はこれでいいのではないかと思います。問題は電気の入力。
今のところ家庭用100Vからしか充電する手段がないですが、
これを自然のエネルギーで賄いたいと考えています。

モヒョ家のある駒ヶ根の里山は水資源が豊富。
ですので、車のオルタネーターを使ったマイクロもしくはピコ水力発電を目指して行こうと思います。



さて問題は次のチーズです。
前々から気にはなっていたのですが、今年フランスを再訪したことでチーズ熱が急上昇。

レンネットというお乳を凝固させる酵素を入手したはいいけど、肝心のお乳が自給できていません。
しょうがないので市販の牛乳を利用したいのですが、
調べてみると市販牛乳はほぼホモゲナイズされており、チーズ作りには適切ではないとのこと。

ウーン。飼うしかないのか?
とりあえず買ってみました。お乳。



よく分からないオチですいません。

もう寝ます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ホームページ

最近の記事

リンク

カテゴリー

月刊記事

コメント

プロフィール

others