モヒョ邸=ダーチャ考

ダーチャ」ということばをご存知でしょうか?
ロシア文化圏の人たちが週末や夏の休暇を過ごす郊外の小屋付き農園のことです。
「別荘」と訳されることもあるけれど、いわゆる軽井沢的な「別荘」とはだいぶ異なるもののようです。
私はロシア語の響きとロシアの社会主義っぽい香りが好きで、ロシア語を習っていたことがあるのですが、ロシア語の初級テキストにたいてい出てくる単語でもあります。
こんな感じに。
スキット1.予定をあらわす表現
「セルゲイ、週末は何をするの?」
「ダーチャに行くつもりさ」

つまり「初級ロシア語会話」に登場するくらい、ロシア人にとってはダーチャを持つことはポピュラーなようです(日本の「別荘」とはこの辺からして違う)。

そんなダーチャで何をするかというと、
・菜園づくり
・収穫した野菜で保存食づくり
・DIYで小屋を修理
・きのこ狩りやベリー摘み
などなど。(やっぱり日本の「別荘」とは全然違う)

モスクワなどの都市に住む人たちはたいていあの社会主義的なにおいの残る殺風景な集合住宅に住んでいて庭などないのですが、ダーチャを持つことで、週末は存分に土や森と触れ合うことができるのだとか。

社会主義の時代にダーチャは国から与えられていたそうで、それというのも、「人民みんなに兼業農家させれば食糧増産・食糧自給率アップが可能である!」という政府の方針によるものだそうです。この辺り、国の方針で街中の空きスペースを開墾して市民農園だらけにしている現在のキューバ(やっぱり社会主義)と通じるものを感じます。
そのため、ダーチャは「ガーデニング」というより「食糧自給」という傾向が今も強く、なんと国内のジャガイモの9割がダーチャ産というデータもある!(一応国が出しているデータですが、ロシアのデータはどこまで信頼性があるか不明。)いずれにせよ、夏の間せっせと野菜づくりに励んで、秋には塩漬けや瓶詰めを大量に作り、長い冬に備えるという感じでしょうか。
しかもそんな田舎の小屋で夏の休暇(1ヶ月くらいある)にどこか壊れたとしても、修理を頼めるわけがない。おそらくはロシア人生来の開拓者精神もあって、たいていの修理や、場合によっては小屋の建築そのものからDIYでこなすのだという。

うーん。
そろそろお分かりかと思いますが、これは我々とモヒョ邸の現在の状況と非常に似ているわけであります。
平日には町で働きながら次に駒ヶ根に行ったらあれをしてこれをして・・・と思案して、
週末や長期休暇にはいそいそとモヒョ邸に向かい、
行けば丸々2日、工事が農作業かにいそしむ暮らし。
しかもダーチャは水や電気のないところも多いとかで、コンポストトイレを設置したり、バケツで水を汲んだり、その辺もちょっと似ています。


ところで、私たちの場合は移住の準備作業としてこのダーチャ生活を(期間限定で)やっているわけですが、田舎に古民家と農地を持って週末通いしているというと、
「へ〜すごいね〜!」
「私もそうできたらいいけど・・・」
「それだけ自由な土地があったらいいよね」
なんて言われます。
私の周りだけでも、
農のある暮らしがしたい、とか
庭いじりじゃなくてもっと本格的な野菜が作りたい、とか
もっと自分でつくった野菜でいろんな料理をしたい、とか
そう願いながらも仕事その他の都合で都会のマンションから離れられない人のなんと多いことか。
そして都会にいると、田舎に親戚か友人を持つか、高いお金を払って自然食のお店で買い物するかしない限り、スーパーに並ぶ正体不明の野菜たちとお付き合いしていかざるをえないのです。
しかししかし。
ダーチャを見よ!!

誰でもが脱サラして田舎に移住できるわけでもない。
でも、その必要もないのかもしれない。
ダーチャ的な暮らしなら田舎の暮らしと都会の暮らしをもっと自由に行き来できるような気がします。
もちろん、日本の場合は農地法やら農村のコミュニティやら、開拓地的なロシアとは違った事情もあるけれど(そういえばロシアの農家の人たちはどうなんだろう?)、ダーチャが普及すれば、
耕作放棄地も減るし、
食糧自給率もアップするし、
都会人に「生活力」(DIY的な能力ってことです)がつくだろうし、
田舎も活性化するかもしれない。

日本にももっとダーチャ的な暮らしが根付くといいのに、と思う今日この頃です。

M.


コメント
はじめまして、私は千葉県で貸山林、貸ダーチャの事業をしている大原と申します。記事を拝見して何かお役に立てないかとメイルしました。ご迷惑でしたら、以後ご連絡は致しません。よろしかったら下記HPをご覧
ください
大原さん。初めまして。
書き込み有難うございます。

ただいま、長野県で山林に囲まれた生活を満喫しております。

次の目標はツリーハウスですね。やっぱり。
  • やす
  • 2013/09/10 12:25 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ホームページ

最近の記事

リンク

カテゴリー

月刊記事

コメント

プロフィール

others