人間活動による水質汚染と自然環境中で生じる水質変化との違い

水環境について書いていたレポートです。
ここへきて放射性物質を分解する微生物が存在することを知りました。
http://takashima.tidt.fool.jp/
   →かなり胡散くさいんですけど・・・。(M.)
水俣病で水銀を分解する微生物の存在までは辿りつきましたが、
まさか微生物がセシウム137まで分解するなんて思わなかった。
ちょっと感動です。

考えてみれば、原始地球には放射性物質はたくさんあって、
それに適応できる微生物が存在するのでは?と思って調べたらあった。

微生物すごすぎです。
まあちょっと冷静になって、あとで詳しく調べたいと思います。


ではどうぞ。


 まず人間活動による水質の汚染には、耕作地での過剰施肥や農薬の使用、家畜の排泄物などの農業を起因とするもの。屎尿や家庭からの生活排水を起因とするもの。高度成長期に問題となった公害を引き起こした工業を起因とするもの。人口過密により地表面が建物やアスファルトなどで被覆され,雨水浸透が減少しより低いところへ集中してしまう都市化に起因するもの。森林伐採による土砂の流失や湧水枯渇などの環境破壊を起因とするものがあげられる。上記にあげた人間活動による水質の汚染を分類すると、「A有機物によるもの」、「B無機物によるもの」、「C毒物によるもの」、「D濁水によるもの」に分けることができる。

 まず「A有機物による水質汚染」では、過剰な有機物を微生物が酸化分解するため溶存酸素濃度が減少し、好気性水生生物が酸欠により生存できなくなる状態からはじまり、嫌気性微生物が繁殖して好気性生物にとって有毒である硫化水素などを生成する汚染へとつながる。

 次に「B無機物による水質汚染」では、大量の栄養素が流入することに起因する植物性プランクトンの繁殖からはじまり、それを捕食する動物性プランクトンの増殖、そしてその動物性プランクトンが死滅し、沈降後に酸化分解し、「A有機物による水質汚染」であげた嫌気性微生物の繁殖へ繋がる汚染となる。この無機物の流入による水質の汚染は植物性プランクトンの光合成による一次生産は増えるが、結果としては生態系における生物の構成を変化させ、生物の多様性を減少させる方向に作用してしまう。

 「C毒物による水質汚染」では、生物濃縮により毒物が高次消費者へ高濃度に蓄積され表面化する水質汚染である。生物濃縮とは特定の物質が生物の体内に蓄積し濃度が増し、食物連鎖を経てより上位の生物に濃縮される現象である。

 「D濁水による水質汚染」では、大量の土砂や粘土粒子が水中に分散し、沈降する際に底生生物を物理的に被い水草などの光合成を妨げ、場合によっては魚類のエラを閉塞させへい死させる汚染である。

 上記であげた人間活動による水質の汚染は、言い換えれば人工的に環境を変化させてしまうことであり、水環境中で暮らす生命を危険に晒し、陸上生物を含めた生態系すらも崩していく原因となりうるのである。

 この考えを元に、自然環境中で時間の経過と共に生じる水質変化との違いを考えると、一番の大きな違いは、変化のスピードである。人口増や急激な経済発展などの人間活動による水質の汚染は、自然環境中による水質変化と比べてはるかに早い。
 また次に考えられるのは、生物群集の差である。自然環境中の水質変化では、例えば火山活動や地殻変動などで生じた湖沼から始まる遷移を考えると、貧栄養湖→富栄養湖→湿地→草原→森林へと環境が変化するが、生物群集はある一定のレベルでゆるやかに向上していき多様性が失われることはない。人による汚染が急激に増え自然環境による自浄作用を大きく上回る場合は生物群集の多様性は失われ、酸素を必要としない嫌気性微生物が増殖する。(嫌気性微生物を悪い微生物だと解釈しないように付け加えると、嫌気性微生物は光合成により酸素を作り出すことに成功し、地球に多様な生命が繁栄する切掛けをもたらしたのである。酸素が存在しない原始地球環境中ではまさに草分け的存在ともいえる。)嫌気性微生物の増殖は言い換えれば「原始地球環境への回帰」と考えることができる。環境が汚染されてもリセットできるシステムが備わっているのではないだろうか。好気性生物にとっては生存することが難しいが、実際は汚染された環境を元に戻そうとする究極の自浄作用が嫌気性微生物の増殖なのである。

 以上のことから考えると、自然環境中に起る変化とは、生命の生産力の永続性を保ちつつ、尚且つ、長い時間をかけて以前よりも生産力を高めることができる能力を持つものだと理解でき、人間活動による汚染とは生命の生産力を低下させてしまう能力を持つものだと理解できる。
 これら地球がおかれた環境をよく考えると、人間の活動には「後始末より未然防止」の考え方を基本として行動しなければならないという結論に達した。


メモ
人間活動による水質の汚染について
レポートを書き進めている途中で、1つのニュースをとても興味深く感じていました。絶滅されたとされるクニマスが発見されたことです。自分の時勢にぴったりと合ったことだったので詳しく知ることができました。
「食料増産と経済発展が最優先された時代。反対の声(酸性の水の導水に)はかき消されたのだろう」
「田沢湖のクニマスが絶滅したのは事実。いわば国内産外来種だ。」
というクニマスを研究されてきた2人の声が印象的です。

非常によく整理して書かれたレポートです。水質汚染に関して原因を分けてある点良いと思います。クニマスについて書かれていますが、自然はヒトが考えている以上にしたたかなのかも知れません。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ホームページ

最近の記事

リンク

カテゴリー

月刊記事

コメント

プロフィール

others