ウッドデッキ

お盆は天気がいまいちだったので、数日分の食糧を買い込んで山に籠城。
念願のウッドデッキ作成に着手しました。

↓根太ができたところ。


↓材木屋さんみたい…


↓だいたい張り終えた。真ん中の穴は、収納できるテーブルが入る。


デッキ完成まであとちょっとなんだけど、続きはまた後日。

ちなみにモヒョ太郎はすべり台を所望。

ポップアップのトースター

蔵で見つけたレトロなトースター。

焼けるとポン!と飛び出すやつです。
色もデザインもいいですね〜。
朝ごはんが楽しくなります。

トースターカバーなるものも。

レトロすぎ。
 

本棚

倉庫で埃だらけの道具入れを発見。
せっかくなので家具として使うことに・・・

きれいに掃除して蜜蝋入りワックスを塗ります。


ちょっとアンティーク風(ある意味ほんとにアンティークなのだが)な本棚になりました。
道具入れだけあってつくりは結構頑丈です。



木箱ならこうして塗りなおして再利用することもできるんですよね。
どうしてもいらなくなったとしても薪になるし。

でもプラスチックのカラーボックスはそうはいかない。

時を経たときにアンティークになるのか、それとも粗大ごみになるのか。
物を買うときはそういう基準で選ぶようにしたいと思いつつ。
・・・でも安さに負けることも往々にしてあるけど。


子供のおもちゃもそうです。
プラスチック製のおもちゃは色も派手で受けはいいし安くて手軽だけど
いずれは燃えないゴミ。
塗料も何使ってるか分からないし。
とはいえ子供という生き物はすぐ飽きるので、いい値段する木のおもちゃばかり与えるのも難しい。
おまけとかおもちゃをもらうこともけっこうあるし。
というわけでモヒョ太郎のおもちゃかごには、
木のおもちゃ、プラスチックおもちゃ、おもちゃでないもの(空き箱とか葉っぱとか)が混在しています。


書斎できました

正月休みの間に書斎が完成しました。

壁の漆喰塗りはすでに作業済みなので、今回は床板張り。
台所に続き2度目なので割とサクサク。


机を置いてできあがり。
・・・ん?座敷わらし?


トイレマダム

我が家に待望の水洗トイレができました。

これで寒い冬に外へ出て尻を出さずに済みます。







なかなか決まらなかったトイレットペーパーホルダーはこれ!




その名もトイレマダム




これからウッドデッキ+ハンモック、マリンランプのセッティング、手水舎、雨樋修復など。。。

こだわりリフォームの道はまだまだ続くのであった。


床板の変遷

脱衣所の棚です。

黒光りしているこの板は、かつて分校の床だったそうで、
分校が閉鎖したとき(ウン十年前)にここの家の人がもらってきて
囲炉裏をふさいだ箇所の床板にしていたものです。
もと囲炉裏だったところは薪ストーブを置くのにちょうどよかったので
去年この板をはがしてレンガをはりました。

変遷に変遷を重ねて、今度は脱衣所の棚に。
この上を昔子供たちが走り回ってたかと思うとなんだか感慨深いです。
(いわゆる”限界集落”のこの部落もその頃は子供がいっぱいいたんだなーと思うとさらに感慨深い)


冬支度

 今年もあと2週間ちょっとなりましたね。
車も冬タイヤにはきかえて準備万端です。

モヒョ家では今年一番の変化と言っていいくらいの設備が追加されました。

薪ストーブ!




早速こんな小物も衝動買い。
ホーローカップ6つと赤いヤカン。




居心地の良いカフェのような雰囲気のリビングに仕上げたいと思います。


ちなみに薪ストーブの作者はこのマタギ・・・鉄工所のおっちゃん。



すごい美味い手打ち蕎麦をご馳走してくれました。
オススメで出してくれた薬味の辛子味噌が美味しくて美味しくて、3皿?3ザル?を完食。
有難うございました。感謝感謝。


山も薄く冬化粧。



寒いけどあったかい冬がやってきましたね。

薪ストーブ

 この冬を乗り切るべく薪ストーブが設置されました。



この場所に



こんな感じで。



回りはこれから作り込んでいこうと思います。

床リフォームの続き

薪ストーブ設置場所にコンクリートを流します。

まずはコンクリートを敷設する前にワイヤーメッシュを設置します。
これは敷設後のひび割れ防止に意味があるようです。詳しくは知りません。
まあ鉄筋なので強度も多少アップするはずです。詳しくは知りません。




砂利10kgを9袋、砂10kgを6袋、セメント25kgを3袋。
練りにも練って150Lくらいでしょうか?腰が筋肉痛になりました。



表面の仕上げはモルタルにするか、砂にするか、このままか。
いずれにせよ高さを調節したらこんな感じにレンガを敷く予定です。



目地は床に合わせて黒セメントで仕上げます。

とにかく疲れた週末でした。


古民家修復の再開

関東でも過ごしやすくなってきました。

駒ヶ根では「寒い」という言葉が発せられました。
夏が過ぎたこの時期、寒いという言葉と共に紅葉の季節が近づいて来る。
今年もまた楽しい季節がやって来ました。

さて、雑草との戦いも終盤に差し掛かり、先週末の休日は全てリフォームに費やしてしまいました。

冬の寒さに耐えるべく薪ストーブを設置します。
設置場所はこの部屋。



隙間風が入ってくるので、床板を全て剥がして床下に断熱材を入れてみました。



高気密な部屋の出来上がり。冬が楽しみです。 

| 1/3PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ホームページ

最近の記事

リンク

カテゴリー

月刊記事

コメント

プロフィール

others